2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

↓リンク↓

« がんばってたんすけど・・・ | トップページ | 新たな引出しを開ける »

2006年9月27日 (水)

榊真喜男は誰にとってのボスだったのか?誰にとってのヒーローだったのか?2

前回の記事を読んでない方は、カテゴリーから、マイ☆ボス マイ☆ヒーロー「愛」を選択して読んでください。下が古い記事、上が最新の記事になってます。

黒井照之「若ッ、若が受験するのは『私立高校』の編入二次試験です。高等学校の倍率は年々下がってはいますが、やはり私立の二次試験での倍率はかなり高い・・・・っと書いてあります」

榊真喜男「おい黒井ぃ、なめんじゃねぇぞナッハァッ!?

仮にも俺は卒業試験に合格した男だぁ。おいおいおい

見とけよオマエラ、編入試験くらいきっちり合格してみせっからよぉ」

リュウ&テツ&トシ「へい!さっすが若は頼もしい!」

榊真喜男「そんなことよりよ、カズ、お前はどうすんだ?」

真鍋和弥「俺っすか?俺はもちろん兄貴と同じ高校に通いますよ!」

榊真喜男「おう、そうか。だがなカズ、しっかり勉強しとかねぇと、俺と同じ高校なんて夢のまた夢だぞ、なんてったって俺はな・・・(すごい爽やかに)卒業試験に、合格したことあるからさ♪

~合格発表当日合格者発表一覧前にて~

榊真喜男「ぱっぱっぱー!?(隣にいる一般人の合格者の胸ぐらを掴んで)無ぇじゃねかよオイ!!ないよネー!?俺の受験番号がないよネー?!」

一般人A「すいません、すいません」

(少し離れたところから駆けつけるカズ)

真鍋和弥「兄貴!兄貴どうしたんすか!!」

榊真喜男「おいおいおい、カズどうすんだよ!俺の受験番号がどこにもねんだよチクショウ!」

真鍋和弥「マジッすか!?チクショー受験番号の野郎、ふざけたマネしやがってぇ!でも安心してください兄貴、(合格者一覧を指差し)ここに俺の番号が書いてあります、(自分の学生カバンから受験番号を取り出す)この紙をもって事務室の方に行けば、編入手続きの書類を受け取れるはずです!」

榊真喜男「おうおうおう、なんだなんだそんな手があったのか、でかしたぞカ・・・ファーーーーー!?それお前が受かってるって事だろうが!?なんでお前が受かって俺が落ちてんだ!?意味がわかんねぇぞこの野郎!?ふぁーーーーーーーーー」

真鍋和弥「すいません、すいません」

~~~~~榊真喜男自宅にて~~~~~

もの凄い貧乏揺すりの榊真喜男「どうすんだよオイ、こんな事なら最初っから裏口入学にしとけばよかったぜチクショー」

黒井照之「恐縮ですが若ッ、落ち着いてください。どうでしょう、ここは美喜男坊ちゃんに相談してみたら。」

榊真喜男「美喜男に?ハッ!なんであいつに相談しなきゃなんねんだよ」

黒井照之「まぁそうカリカリせずに聞いてくだせぇ、大学院まで行ってる美喜男坊ちゃんのことです、いわば学校の『プロ』みたいなもんでしょう?どうしてもまた高校に通いたいんであれば『プロ』にきいてみるのが得策でしょう。ここはひとつ、前向きに考えてみてください。」

榊真喜男「前向きに?」

榊真喜男、腕を組み、だんだん変顔に。

ナレーション榊真喜男(俺は前向きに考えてみることにした・・・

素敵に知的な弟の美喜男、久しぶりに兄弟水入らず、マンツーマンでの受験勉強、同じ釜の飯を食い、同じ風呂に入り、同じベッドで眠る。。。そして晴れて受験に合格、お互いの頑張りを称え合い、抱きしめあう兄弟愛。。。)

 

 

 

 

 

 

 

榊真喜男「ありえねぇだろこのヤロー!?

一緒に風呂ってなんだよこのヤロー!

二十代も後半入った男兄弟が

気持ち悪ぃんだよこのヤロー!!」

つづく!!・・・のか?笑。

« がんばってたんすけど・・・ | トップページ | 新たな引出しを開ける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146602/3606538

この記事へのトラックバック一覧です: 榊真喜男は誰にとってのボスだったのか?誰にとってのヒーローだったのか?2:

« がんばってたんすけど・・・ | トップページ | 新たな引出しを開ける »