2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

↓リンク↓

2006年10月 4日 (水)

少し脳が疲れているかもしれません

ふ~引越しの荷造りを少しだけはじめて寝不足のDAMUです、こんばんわ。

っていうか、ここに引っ越してきたのいつだっけ???

・・・・・1・・・・・・・・・・・・・・・・2・・・

・・・・・・・・3・・・・・・・・・・・・・・・4・

・・・・・・・・・・・・・・・5・・・・・・・・・・

5ヶ月前!?

うん?

前回が・・・・・・・・

・・・・・・1・・・・・・

1・・・・2・・・・・3・・・・・・・・・・4?

1年と4ヶ月!!

これはまぁまだ普通か。。。。うーん。。

前々回が、

2年くらい??

その前が~・・・・

1年・・・・・・・・・・・・・・・

んでさらに前が半年くらいかな・・・・・・・・

( ̄ー ̄lll)

思えば13歳半ば過ぎくらいから、

転々と、あっ転々と!!

してますなぁ。。。。

いや、、、最初の引越しが、

記憶はないが0歳、

次が住んでたとこの裏というか隣に引越し、

7歳くらいだったかな、それが。。。

んで11歳の頃に、

「中学生になったらハワイに引っ越す」

宣言をくらい、結局13歳の頃になぜかハワイではなく、

沖縄に!

沖縄県内でも一度引越し、

「頼むから高校は東京に・・・・・!」

と頭を下げ、一次入試不合格Σ( ̄ロ ̄lll)

なんとか二次で入った高校は、

「金髪頭が95%」

つまり、

ここはヤクザの養成所やぁ~♪

味のIT革命やぁ~(?)

そんなとこでも一応は高校だ。

勉強だけはしっかりさせてくれる。

俺は気づかなかったが、、、、

相当タバコ臭い学校だったみたいだ。

「5%」の保護者から、

「お宅大丈夫なんですか?!」

って電話が入るんだから、

世の中まだまだ捨てたモンじゃない。

そしてなによりもその高校のウリなのが、

3年生徒数、約120人

2年生徒数、約170人

1年生徒数、約300人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご理解頂けただろうか??

まず1年で100人オーバーが退学、

2年で50人くらいが退学する。

最終的に3学年で、

真面目な生徒の割合が65%を越すという、

不思議な現象が起こる。

これは、最初からモグリが潜んでいたと逆算すれば、

納得のいく数字だ。

もっとビックリする事言っちゃうよ??

これ公立高校ですよ。

私立じゃなく。。。

こういう事詳しい人(なんてそうそういないだろうけど)は、

気づいてると思う。

公立高校は強制退学処分というものが、少なくとも当時はなかった。

どんなに成績が悪かろうがなんだろうが、退学には出来ないのだ。

2002年3月某日。

私はいつもと同じように、並木通りの、

自然の澄んだ空気を吸い、都会とはかけ離れた山々に囲まれた通学路を歩いて、学校に登校した。

午前11時に(゚д゚;)

不思議と焦りはなかったΣ( ̄ロ ̄lll)

教室に入ると、教科担当の先生ではなく、

担任の先生がとても晴れやかな顔で私を迎え入れてくれた。

先生と私の視線がぶつかり、なにかを確かめ合うように、

同時に頷いた。

そして先生は私の名前を呼び、

静かにこう言った。

「これを書け」

そういって渡されたのは、

自主退学届けだった

私は戸惑いを隠せなかったが、

なんとか冷静を装う。

だが手の震えが止まらない。

一つ一つなんとか丁寧に自主退学届けの項目を埋めていくが、

頭はパニック状態だ。

最後の項目が理解出来ない。

ここは一つ、

先生に最後の教えを乞おうではないか。

「あの、せせせせ先生、ここはなななな、なんて書けば」

私が最後まで言おうとしたのを遮り、

先生はこうおっしゃられた。

「一身上の都合によりって書いておけ」

了解だボス。

俺は一身上の都合により、その高校を退学した。

あれから4年半が経った。

最近その高校時代、マラソンなどで使用したグランドをテレビで拝見しました。

マイボスマイヒーロー

第1話ラストのシーン。

榊真喜男、桜小路順が罰として走らされたグラウンド。。。

あそこは私にとっても青春の日々を・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやなんの話してんだ俺(笑)

2006年9月27日 (水)

榊真喜男は誰にとってのボスだったのか?誰にとってのヒーローだったのか?2

前回の記事を読んでない方は、カテゴリーから、マイ☆ボス マイ☆ヒーロー「愛」を選択して読んでください。下が古い記事、上が最新の記事になってます。

黒井照之「若ッ、若が受験するのは『私立高校』の編入二次試験です。高等学校の倍率は年々下がってはいますが、やはり私立の二次試験での倍率はかなり高い・・・・っと書いてあります」

榊真喜男「おい黒井ぃ、なめんじゃねぇぞナッハァッ!?

仮にも俺は卒業試験に合格した男だぁ。おいおいおい

見とけよオマエラ、編入試験くらいきっちり合格してみせっからよぉ」

リュウ&テツ&トシ「へい!さっすが若は頼もしい!」

榊真喜男「そんなことよりよ、カズ、お前はどうすんだ?」

真鍋和弥「俺っすか?俺はもちろん兄貴と同じ高校に通いますよ!」

榊真喜男「おう、そうか。だがなカズ、しっかり勉強しとかねぇと、俺と同じ高校なんて夢のまた夢だぞ、なんてったって俺はな・・・(すごい爽やかに)卒業試験に、合格したことあるからさ♪

~合格発表当日合格者発表一覧前にて~

榊真喜男「ぱっぱっぱー!?(隣にいる一般人の合格者の胸ぐらを掴んで)無ぇじゃねかよオイ!!ないよネー!?俺の受験番号がないよネー?!」

一般人A「すいません、すいません」

(少し離れたところから駆けつけるカズ)

真鍋和弥「兄貴!兄貴どうしたんすか!!」

榊真喜男「おいおいおい、カズどうすんだよ!俺の受験番号がどこにもねんだよチクショウ!」

真鍋和弥「マジッすか!?チクショー受験番号の野郎、ふざけたマネしやがってぇ!でも安心してください兄貴、(合格者一覧を指差し)ここに俺の番号が書いてあります、(自分の学生カバンから受験番号を取り出す)この紙をもって事務室の方に行けば、編入手続きの書類を受け取れるはずです!」

榊真喜男「おうおうおう、なんだなんだそんな手があったのか、でかしたぞカ・・・ファーーーーー!?それお前が受かってるって事だろうが!?なんでお前が受かって俺が落ちてんだ!?意味がわかんねぇぞこの野郎!?ふぁーーーーーーーーー」

真鍋和弥「すいません、すいません」

~~~~~榊真喜男自宅にて~~~~~

もの凄い貧乏揺すりの榊真喜男「どうすんだよオイ、こんな事なら最初っから裏口入学にしとけばよかったぜチクショー」

黒井照之「恐縮ですが若ッ、落ち着いてください。どうでしょう、ここは美喜男坊ちゃんに相談してみたら。」

榊真喜男「美喜男に?ハッ!なんであいつに相談しなきゃなんねんだよ」

黒井照之「まぁそうカリカリせずに聞いてくだせぇ、大学院まで行ってる美喜男坊ちゃんのことです、いわば学校の『プロ』みたいなもんでしょう?どうしてもまた高校に通いたいんであれば『プロ』にきいてみるのが得策でしょう。ここはひとつ、前向きに考えてみてください。」

榊真喜男「前向きに?」

榊真喜男、腕を組み、だんだん変顔に。

ナレーション榊真喜男(俺は前向きに考えてみることにした・・・

素敵に知的な弟の美喜男、久しぶりに兄弟水入らず、マンツーマンでの受験勉強、同じ釜の飯を食い、同じ風呂に入り、同じベッドで眠る。。。そして晴れて受験に合格、お互いの頑張りを称え合い、抱きしめあう兄弟愛。。。)

 

 

 

 

 

 

 

榊真喜男「ありえねぇだろこのヤロー!?

一緒に風呂ってなんだよこのヤロー!

二十代も後半入った男兄弟が

気持ち悪ぃんだよこのヤロー!!」

つづく!!・・・のか?笑。

2006年9月23日 (土)

ウホ?!

ウホウホ??

ウホホ??

昨日も書きましたが、

うれしい事に500ヒット突破しました。

んで、今日のヒット数がなぜかいつもより多いみたい!

いったいなにをそんなに見てくれてるのだろうと思い、

記事ランキングを開いてみたら、

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー「愛」のカテゴリを見て頂いてるようで、

さすがだマイボスパワー笑。

特に、

榊真喜男は誰にとっての~~~が人気のよう。

あの記事は仕事中にメモ帳に書き綴っていたもので・・・・

って仕事サボってるがなΣ( ̄ロ ̄lll)

まぁそれはご愛嬌笑。

あぁいう長い文はパソコンに座り始めてから書くと時間をくっちゃうんで、何日か分けてこんなネタ~あんなネタ~の一部分を書いてみたんですけど、ウケたみたいでよかったっす笑。

あの続きってか、僕が考える続編のあり方みたいなんはまだちょこっと考えてあります。時間があるときに更新しますんで、多分すぐすると思いますけど笑。楽しみにしていてもらえるとありがたいです。

でわでわ(*゚ー゚)

2006年9月21日 (木)

榊真喜男は誰にとってのボスだったのか?誰にとってのヒーローだったのか?

さてさて意味なく一日ひっぱりましたが笑。

どこまで話したっけ??

それはね、

それはね、

それはね、でしたね笑。

続編に対しての僕の考えですが、

昨日も言ったように、続編をやる時期が遅くなればなるほど、

今後、出演者の格付けが上がってしまって、

出演者の入れ替えなどが否めなくなるかなって話でしたね。

でもやっぱりそれは素直に受け入れられないな~。

んでイイ事思いつきました!!

っていっても僕にはなんの権限もないんで実現不可能な話ですけど苦笑。僕が考える、ちょっと現実味のある続編への流れはこうです。

まず!

スピンオフを金、土夜9時から二夜連続2時間SPでやる!!

時期的には来年3月終わりの番組入れ替えの時がベスト!!

それから!!

いつか「マイボス マイヒーロー」を1クールきっかりやる笑。

んで!!!

スピンオフの構成は!!

第一夜「マイ★ボス編」

第二夜「マイ☆ヒーロー編」

です!

まず第一夜のはじまりはこう!

カズのナレーション

「オスっ、オレは関東鋭牙会三下舎弟、真鍋和弥っす。

23歳(になってるはず笑)、乙女座、

好きなものは酒と喧嘩と兄貴と、

アニキィ~♪

関東鋭牙会若頭の兄貴は去年の春、香港での取引に失敗してしまう。その大失態を受けたボスは兄貴に

~回想シーン~

榊喜一『関東鋭牙会の三代目をお前に継がせようと思ってた。しかしこれではもう無理だなぁ。何故だかわかるか?それはなぁ、お前が馬鹿だからだ。これまでやらかした失敗のせいで内部ではお前を次の組長にするのに反対だという声も上がってるんだ。』

榊真喜男『ちょっと待ってくれ親父!俺は喧嘩は誰にも負けたことがねぇ、次のボスはこの組で一番強ぇ俺だ』

榊喜一『喋るな!!いいか真喜男、今はな、力の時代じゃない、頭の時代だ!ヤクザだって、馬鹿の下じゃ働きたくない。』

榊真喜男『NO、NO!!nonononono!no!nono!!nono!!no!!nonononononono!no!!no!!』

黒井照之『どうしてもボスになりたい、そう言ってます』

榊喜一『本気か?』

榊真喜男『YES!』

榊喜一『今度こそ本気なのか!?』

榊真喜男『YES!!』

榊喜一『本気でボスになりたいんだな!?』

榊真喜男『YESYES!!』

榊喜一『・・・わかった。なら最後のチャンスをやろう。真喜男、高校へ行け

榊真喜男『・・・・・・・・・・・・・・・・はっ?』

~省略~

榊喜一『いいか真喜男、来年の春までに、卒業証書持って来い。それが出来ないようなら、三代目は弟の美喜男に継がせる。

貴様は、破門だ

~回想終わり~

っというわけで、兄貴は三代目になるため、ヤクザの若頭という身分を隠し、歳も10歳サバをよみ、一年間学校に通って、

3年A組の組長になり、友情や初恋に目覚め、青春って奴を満喫し、卒業試験や三代目を賭けた選挙もクリアし、いよいよ卒業間近だったんすけど、、、あと一週間ってところで北極会を絡めた熊田一家が兄貴の高校に殴りこみ、熊田の野郎が兄貴の素性をバラしちまって、兄貴はクラスメイトや先生達を守るために体を張ったんすけど、

熊田一家と一緒にサツにパクられ、そのまま退学になり、ボスの所に卒業証書を持ってこれなかった。

だけど、兄貴の一年間の努力や成長を見てか、ボスは三代目を兄貴に決めた。

そして今日!(3月14日の設定でいいのだろうか?笑)

とうとう兄貴は関東鋭牙会三代目継承式を迎えた!

いよいよ兄貴がボスになる時が来た!!

・・・・・・・・と思っていたら、兄貴は・・・」

~最終回関東鋭牙会三代目継承式典から~

じい『ただいまより、関東鋭牙会三代目、榊真喜男襲名式を執り行います』

榊真喜男『・・・・・・・あっ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや、あ、あの~、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぁ親父、すまん、やっぱり俺は、、、』

~ここより新展開(いや俺の妄想って事を忘れずに笑)~

榊真喜男『キッチリ高校を卒業してぇ』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とまぁ、はじまりはこんな感じで・・・・・・

ストーリー的には、、、、てかあくまで俺の希望なんですが、、、この続きのセリフを、真喜男にこう言って欲しいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は裏口入学なんかじゃなくてよー・・・・

2006年9月20日 (水)

アニキィ、今頃もう着いたころでしょうかね・・・

そろそろしっかりマイボス マイヒーローネタをちゃんとやんなきゃなってことで!DAMUです、おはようございます。

さっそくですが、公式サイトのBBSに期待が高まる声が寄せられてる続編ネタに触れていこうかな!

まぁ思いっきりネタばれ話なんで、オチしりたくないよーって人は、

この先は見ないでね笑。

 

  

ラストで「私立宙船高校」に登校する真喜男ってところで終わりました。

たしかに、たしかに、たしかに!!!

続編を期待せずにはいられない終わり方!!

今は全くなんの予定もありませんが・・・

んで、僕が注目したいのは、

ラスト一歩手前、真喜男が登校するちょっと前のシーン!

タイトルにも書いた、カズの発言。

「アニキィ、今頃もう着いたころでしょうかね・・・」

「アニキィ、今頃もう着いたころでしょうかね・・・」

「アニキィ、今頃もう着いたころでしょうかね・・・」

ん?

もしかして、続編をやるって決まった時のために、

長瀬くん以外の主要キャスト(例えば田中聖くんとか)を

出演してなくてもいいように、真喜男をどこか遠くの学校に入学させたって事なんですか?!

そうなんですか!?そうなんでしょ!?

いやいやいや、そんな続編は続編であって続編じゃないよ!

そんな続編は許さないよ!!

って言ってみますけど・・・

例えば、例えばね?

マイボスの続編を来年1月からの1クールでやるなら望みもあるかもしれないけど、それ以降になると、ジャニーさんが、ジャニーさんがね?田中聖くんに向かって、

「YOU主演やっちゃいなyo、

YOUもう脇(役)ダメだyo!!」

って言いかねない状況になってると思うんだよなぁ・・・

だって次クールからの日テレ土9も田中くんは出演するんでしょ?

このままいけば来年中には主演のドラマが決まるんじゃないだろうか?単発二時間ものあたりなら間違いなく一回はやってもおかしくないと・・・

それが、マイボスのスピンオフってのも、

やっぱ俺の中では微妙だ。

長瀬くんだけでもダメ、田中くんだけでもダメなのだ。

でもやっぱ続編は見たいんだ。

って事で、

僕イイこと思いついたんだ!

それはね、

それはね、

それはね(もたいまさこより笑)

次回の記事につづく!!(爆)

で終わるのもあれなんでヒントだします!

ヒント:誰にとってのマイボスだったのか?

ヒント:誰にとってのマイヒーローだったのか?

です!!

2006年9月19日 (火)

機械達の反乱・・・?

いや~ほんと、ヘコみます( ̄ー ̄lll)

昨日のウィルス事件から、今日は職場の機械が急に変な音を出して作業続行不可になりました(T_T)

 

具体的にどのような機械かというと、

あっ!てか僕新聞屋さんで住み込みで働いてるんですけど、

で、新聞には折り込みチラシって広告が入ってるじゃないですか?

朝刊に入ってるやつ、あれって専用の機械にチラシをセットすると、

まとめて組んでくれるんですよ。

なんだ簡単な仕事だなぁ~と思われるかもしれませんが、

やってる方は結構大変です(ノдT)

なにが大変かっていうと、

チラシ一枚一枚に設定が必要なんです。

紙の厚さや、作り、一種類の紙を何枚機械にセットしたか、

時には季節なんかも関係しています。

そして面白いのが、作る人によって機械の扱い方が違ったりもします。僕は個人的には冬の方がやりやすいかな~。

んで!

今日その機械を使っていつものように明日のチラシを用意してたらですね、ニュートラルで全開でフカシテ「それ以上やったらエンジンが!エンジングァっっ!!?」

てな音がしまして!!

普通なにか設定ミス、セットしていたチラシがなくなる、なんかの紙が機械につまる等すると、

機械が強制的に止まるように設定されているんですが、

止まりやしねぇ(」゜ロ゜)」

もう無理やり電源落として止めましたがエライ惨事に!!完全に機械が壊れました・・・

ちょっとほんと、これは新聞屋さんの経験がないとわかんないかも苦笑。

この機械、どれだけ優秀かというと、

人が手でチラシを作るとします、

(てかこの機械が誕生するまではみんな手で作っていたそうですが・・・・)

まぁその日のチラシの量にもよりますが、

例えば人が1時間かかるものなら、

機械は15分くらいで終わらしてくれます!!!

これは例えなんで実際は機械を使っても、二時間三時間余裕でかかります。機械で三時間を手でやったら、、、

はいやってきました!!!もうへとへとっす苦笑。

なんで今日はこのへんで、、、

勘弁してください・・・

あっ!!

あまり、たいしたネタではありませんが・・・

TSUTAYA onlineっていうサイトがあるんですが、

あのレンタルビデオ屋のTSUTAYAの通販サイトと思っていただければわかりやすいと思いますが・・・

そこのメールマガジンサービスに登録しておけば、

マイボス マイヒーローのDVD化決定や発売日がいち早くわかります。もちろんその他にもいろいろ教えてくれますよ!

もう疲れすぎてなに打ってるかわかんなくなってきたんでマジこのへんですいません。・゚・(つД`)・゚・。

でわでわ・・・

2006年9月17日 (日)

終わってしまった・・・

うん、わかった。

オレ来年から、

「私立宙船高等学校」

に行くよ!

ってわけで、終わってしまったよ、

マイボス

マイヒーロー

三ヶ月間、本当に楽しませてもらいました。

出演者とスタッフのみなさまに、

「お疲れさま!」

と、心から言いたいです。

公式サイトに「プロデューサー日記」というコーナーがあるんですが、

撮影中の秘話や、苦労話が書き綴られています。

本当に、本当に、

つい一週間前まで撮影してたんですね(゚д゚;)

ドラマの撮影がどんなペースで行われ、

編集され、TVで放映されてくのか、

早い遅いの基準がわかりませんが・・・

少なくともマイボス マイヒーローはいっぱいいっぱいだったんだなというのが伺えます笑。

放送間に合うの?!とちょっと心配になってしまいました笑。

僕は最終回を見て、

1回目は頭から最後まで泣きっぱなしで、

2回目は泣き→笑い→泣き→笑いの繰り返しでした!!

ほんとうにツボにはまりました!!

翻弄されつづけました笑。

ありがとうございました!

といいたいです。

久しぶりに、三ヶ月間、毎週かかさずドラマ見ちゃいましたよ!

ひさしぶりってかこんなかぶりついて見たのが今まであっただろうか!?

気になったり、友達にすすめられたものは、とりあえず、TSUTAYAで借りてみますけど、

それコミでも、こんな面白いドラマはなかった!!

最初は、

ごくせんの逆バージョン??

なんて気持ちで見始めたけど、

ぜんぜん違った・・・

やられた・・・

長瀬智也主演のドラマはやはりおもしろかった・・・

その中でも一番の作品に、少なくとも僕の中ではなりました!

3年A組サイコー!!

DVDの発売は、まだどこにも情報が出回ってはいないみたいただけど、、、おそらく12月下旬あたりに発売だろう。

予約して買うわ!!!

ドラマDVD-BOX人生初購入はマイボス マイヒーローに決めた!!

ってか出ますよね??

まさか発売しないなんてことありませんよね??

とりあえず、全話録画してあるから、ちょこちょこ見直してみよう。

プロフィールにマイボス マイヒーローの行方が気になるって書いたけど、あれももう消すときかな~・・・さみしいの。

否、ドラマは終わってしまったけど!!

これからドラマについて、

どんどん紹介してったろうと思う!!

内容はDVDで確認してほしいから触れないけど、

いろいろやってみよう!

おたのしみに!

でわでわ今日はこんなとこで、、、

Good luckこんにちわ!!!

本日のMUSICはもちろん♪

TOKIO/Single「宙船(そらふね)/Do!Do!Do!」

P.S.

なんかこの記事書いてる時に、

何回か書いた文字が消えてしまったんですが・・・

ココログサーバーが不安定だからでしょうか??

2006年9月16日 (土)

いよいよ!

三ヶ月間楽しみに見させてもらってた、ドラマ、

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー

今日で最終回でした!!

今日はちょっと仕事が今終わって、

ハードディスクに録画しててまだ見てないので、

今から見てまた仕事行ってきます!!

でわまた!!