2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

↓リンク↓

2006年10月11日 (水)

うなずくのは音の調べ

ココ2年近く、アニメにこってます。

いやもともと好きなのは好きだったんだけど、

中一の頃かな、

深夜アニメなるものを見たのは。

今でも、たまにレンタルして見てしまう

TRIGUN

夕方は「カウボーイビバップ」を見てました。

俺はビクターの手先か!?

いやそんなことない、たまたまたまたま(*゚ー゚)

なんていうか、

アニメが子供のものじゃないって瞬間だった。

この2作を見たときは。

なんせ背伸びしたい年頃で、

映画もスーパーじゃないと見れないっ!!

って思ったのもこのくらいかな。

 

んで、2年前にアニメ魂を再燃させられたのは、

TRIGUN」の原作の人がキャラデザインをやった、

GUNGRAVE」なるものが始まると知った時かな。

ん、待って、「GUNGRAVE」始まったのは3年前か??

全然うそジャン、3年前か!

ごめんごめん、全然うそだった。

じゃ3年前だ笑。

に、それを見て。。。

衝撃!!

というか、、、、

切なすぎ。。

ちょうど折り返し地点までは(爆)

うん、まぁ、違うんだ。

今日話したいのは、それらのストーリー云々じゃないんだ。

僕が見るアニメってのは、

だいぶ偏ってます。

上記にあげた3タイトルの他に

サムライチャンプルー」、

「鋼の錬金術師」、

攻殻機動隊 S.A.C 1&2&S3

交響詩篇エウレカセブン

と、、、、

僕は基本好きな絵、嫌いな絵とかで見る見ないは判断しません。

つか掴みさえ良けりゃなんでも見ます笑。

その上で上に挙げた作品に共通して言えることは、

音が好き。

って事です。

大体わかると思います。

まぁ「TRIGUN」は別かも、、、

それ以外は、ホントに音が好き。

結構僕の好きなタイプなんですよ。

サムライチャンプルーはヒップホップど真ん中で説明する必要もないぐらい好き。

攻殻はもう、音楽担当がなんでもやってのけちゃうタイプですからね。もちろんヒップホップ調もミックスして、テクノやハウスも近い感じの音を奏でてます。あとはフュージョンってやつか?ごめんしったかかもしれないです(;´Д`)

エウレカセブンは監督のチョイスした人たちが、やっぱクラブミュージックばかりだった、さらに音の使い方がグッド超えてガッドです!

あとはもうここら辺に関係した人なり会社なりなんで、

好きなのは当たり前なんですけど!!!

上記のタイトルに加えるには、

ちょっと疑問なタイトル。

ZEGAPAIN」ですかね、やっぱ。。。

あれはホント不思議だ。

音と視覚のバランスは良かったと思う、

けど何であれが好きになったか、

自分でも疑問だ。

ストーリーは好き、

毎回予想を裏切る、

いろいろな事が起きる、

ちょっと24チック?

全然違うか笑。

でも音のタイプが僕の好きな範囲と相当違う。

 

ドラマや、映画を見るときに、俳優の演技を見てしまう様に、

アニメでは音を聞く。声優さんの声ももちろんだけど、

重要なのはやっぱ音だ。

そんなノリの僕なのに、

なんでゼーガペインは、、、

不思議なフィーリングを感じる。

 

最近、実は謎のサイトを見つけた。

 

ゼーガペインスタッフ(匿名)による、

非公式ブログだ。

そのサイトを見る限り、

結構重要な役割を握ってる人っぽい笑。

一応某イラストレーターって銘打ってあるが笑。

その人の好きな音が、

Jazztronikらしい。。

ちょっと納得かも。

ちょっとだけね?

僕も好きな感じの音だったから。

それが反映されていたアニメではないけれど、

なんとなく趣味が一緒で、

作り手とのフィーリングが、

本当に「話」として僕の体を突き抜けたのかも。。。

監督さんじゃないらしいけどね笑。

 

うーん口で説明するのが難しいなぁ、

でもなんとなく、

音楽の力を考えてしまうね。

謎だね笑。

 

あぁ、もっとうまく説明したーい!!

2006年10月 8日 (日)

昇天!!!

やばいよ、やばいよ!

メディアプレイヤーがやばいって!!

5.6GB!?

もうね、重すぎて立ち上がりがホント遅い(;´Д`)

 

曲数が・・・・・1400曲突破!

もうやばいって、、、、

これのパソコン買って今8ヶ月だろ??

どんなペースで取り込んでんだよ!!

もうここまできたら最適化どうこうじゃねぇし!

うーん、うーん。

そうだ!

i Pod nano買おう!!

検索検索~♪

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

おっこれかっこいい。。

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

へぇいいじゃん。。。。。

光るわけね。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

いや全然容量足りねぇよお前ら!!

もっと気合入れろよ!!!

4GBって!?

あのな、あのな、四ギガ!?

いやいやいやいや、

ジャンルにそこまでこだわらず聞いてない、

俺の趣味をなめるなよ、

せめて10GBは欲しいっつーの!

っていうか、そうだね。

でっかいほうなら30GB、60GBあるんだ~、

アップル社め~nanoに力入れすぎだろ~知ってんだぞ。

カスタムパーツ少ないだろスタンダードモデルは!

おしゃれさんはナノなんだよ!って割り切ってるだろチクショー!!

こうなったらもう、あれだ。

ゲイツえもんになんとかしてもらうしかねぇよ。

いでよ「ZUNE」!!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

だせぇよ「ズーン」(ノдT)

なんてダサさなんだズーン、、、

もうあれだよ、

パチモンだよそれ!!

うわーん。・゚・(つД`)・゚・。

リプログラムへの序章

10/5

深夜1:35から

日本テレビ系で始まった新番組

その名も!!!

シュガーヒルストリート

やっとかと、

やっとこういう番組がケーブルや衛星以外で、

始まったのかと。

こいつは追ってくしかねぇ(」゜ロ゜)」

毎週、欠かさず!

あっでも引越し先でやってなかったらどうしようΣ(゚д゚;)

オモニんとこにDVDレコーダー買って設置しとくか??

でも高いよなぁ~、、、、

うーん。

まぁやってることを期待して笑。

とりあえず、番組内容を紹介します(*゚ー゚)

 

まずレギュラー出演者&軽い設定

HIP HOPが満ち溢れるストリート、

Sugar Hill St.」に暮すラッパー、ZEEBRA

同じくストリートに住む野良猫、Sis.Pee(人形)

何かの手違いで、ゲットーストリートに家を買い、暮すことになった超金持ち社長令嬢、Marie

そしてラッパーになることを夢見るHIP HOPオタクのALI-T(くりーむしちゅー有田)

それから番組中、常にHOTな音をかけ続けるDJ KEN-BO

ZEEBRAのアクト中、彼のサイドについてた2人は、、、おそらくUBGの誰かなんだろうがまだちゃんと確認できてない。片方はKM-MARKITかな?

 

とまぁこのような顔合わせで繰り広げられる、

基本はトーク番組、途中でブロックパーティータイム、ZEEBRAによるLIVE ACT.を挟みながら進行する。

本当に全くズブのHIP HOP素人でも入りやすいように、

用語にはテロップで簡単な解説が入るんだけど、、、

この辺はもうチョイ固めた方がいい気がします。

簡単な解説は要点ピックアップでなんだけど、

ここでこそテロップが必要なんじゃねぇの?

ってとこで入ってなかったし、、、

 

んで第1回目のゲスト!

DEV LARGE&真木蔵人っていう組み合わせ!

本音を言えば、、、滅多にTVじゃ顔を見ないDEV LARGE総帥の話をもう少し聞きたかったかな~。

真木蔵人が途中参戦してから、総帥の話ががっくり減った気がするというか、あのメンツじゃ比較的テレビ慣れしてる真木蔵人が入ると全部持ってかれちゃうよね。

でも総帥、最初でガツンと決めた感はある。

DEV LARGE「この1回目で俺が出てきてるっていうところにすげぇ意味があるのは、俺もZEEBRAも最初のその~、まぁその前(ZEEBRAが当時所属していたキングギドラDEV LARGE率いるブッダブランドが頭角を表す前の意)に(日本語ラップの)シーンはあったのかもしんないけど、そこからこう、急成長させる為に落とされた爆弾みたいな俺達が、またここに出てきて1回目でこういう話をして、こういう番組が始まるっていう事は、ZEEBRAが言いだしっぺだけど、その~『リプログラム』、新しく『リプログラム』するっていうことの始まりであると、俺は捉えているし。

TVやチャートでこう、『こんにちわ』してるようなものってのは、俺がやってるものと違うものなんで、どっちもグッドミュージックでくくればグッドミュージックだし、ラップだと思うけど。

俺的にはこういう番組で、普段アンダーグラウンドでやってる奴も出てきて、こう~いつも何もしなくても(耳に)入るラップと、頑張って聞かなきゃ入らないもの~なんかが一緒に出てきて、同じテーブルに乗って、こう~なんていうのかな?

バランスよく聞いて、どっちがいいって比べたり、そのどっちも聞くことによって『どっちもいいな』と分かれるような、そういう状況が(この番組を通して)作られるといいと思う。そうしないとバランスが取れない。」

 

ちょっと長くなってしまったけれど、

ホントにそう思う。

ちょっと言い訳がましく聞こえるかもしれない。

だってそれでも日本でZEEBRAは売れているって前例があるし。

アメリカに目を向ければ、ビルボードのトップ30集めれば半分近くはHIP HOPやR&Bってクラブライクな曲ばかり。

やっぱ日本とアメリカじゃ完全に歴史の違いがある。

今でこそビルボードにガシガシ叩き込まれるHIP HOPのタイトル。

でも10年前は?今のように当たり前だった??

今の日本は10年前のアメリカなんじゃないか??

俺はその時普通のガキだったから、当時のことは何もわからないよ。

人に聞いた話、雑誌やなんかって少ないメディアから取り入れた話の中から想像するのが精一杯。

でも、それだけでもなんとなく、わかるな。

アメリカみたいになる必要もないんだけど、

ジャンルまで日本のはHIP HOPですらないとまで言わせたくないじゃない?

うん。

さらなるレベルの引き上げは必要、

んでもっと身近に聞ける環境も必要。

その為に、まずはカッコつけてないでガンガンテレビでもなんでも出ろやと笑。ラジオやなんかが当たり前に聞かれる国でも、

「今度の日曜、家でパーティしましょう」、「おい!今日は外にテクニックス持ってバーベキューすんぞ!」って国でもないんだからさ笑。

 

話戻そ笑。

 

この番組のトーク以外の魅力、

なんていっても、DJ KEN-BOのプレイじゃないかな。

たった30分の中に、トーク中、パーティタイム、

所構わず、新旧問わず、彼のプレイが冴え渡る。

曲が変わるたびにテロップが出るので、気になる曲はすぐチェック出来るし、パーティータイム中にかかる曲は簡単な説明書きもついてるよ♪

 

今日はその流れを書きつつ、お別れしましょう~(*゚ー゚)

 

トークタイム→

I Gotcha / Lupe Fiasco

Back In the Day / christina aguilera

Sucker M.C.'s / RUN-DMC

SO WHAT CHA SAYIN' / EPMD

Children's story / Slick rick

NIGHT OF THE LIVING BASEHEADS / PUBLIC ENEMY

パーティータイム→

 

Promiscuous (Remix) / Nelly Furtado

Sexy Back / Justin Timberlake

ショーケース→ 

 

Top Of The World / ZEEBRA

トークタイム→

 

heel Yourself / H.E.A.L

Self Destruction / The Stop The Violence Movement(KRS-ONE, Public Enemy, Heavy D, MC Lyte, D-Nice, Kool Moe Dee, Doug E Fresh, )

The Synphony / Marley Marl